治療前の検査について

投稿日:2018年02月19日

こんにちは。
横浜のプラージュ矯正歯科クリニック院長の野久保です。

今回は、矯正治療を開始する前段階になる検査の重要性についてお話していきたいと思います。

矯正治療では、初めて来てもらった日にいきなり矯正装置(ブラケット、ワイヤーなど)を装着して治療を開始するということはありません。顔全体の状態や口腔内の問題など、様々な観点からチェックを行い、治療計画を立てて、患者さんが治療方針に関してしっかりと納得してから矯正治療に入っていくという流れになります。そういう点では、虫歯治療などとは少し違うかと思います。

では、なぜ検査をしてチェックすることが必要になるのかについてお話していきます。
検査と一言で言っても、歯列(歯並び)の状態から各歯牙の大きさ、頭蓋骨からみた上顎、下顎の位置、歯の角度、唇の出具合、関節や筋肉に至るまでとチェックしていく項目はたくさんあります。このチェックを行うことによって、患者さん一人一人の問題点と原因、そして解決方法を見つけていくというのが主な目的です。

例えば、叢生(デコボコ、乱ぐい歯)で悩んでる方が来院されることはたくさんあるのですが、皆さんが同じ原因で起こっているということはありません。顎の成長が足りなくて綺麗に並ぶスペースが無いのか、歯牙のサイズが大きいために互い違いに生えるしかないのかなどさまざまです。そういった原因を突き止めてから治療をするという事が非常に大切になります。

また、年齢によっても治療の計画は変わってきます。成長が残っているのであれば、それを利用して歯を抜かない治療計画がたったり、ご高齢の方であれば歯周病が進んでいたり、骨の活性が落ちていたりするため歯の移動に制限がある場合があります。

この様に総合的に様々な観点から検査を行い、治療の最終ゴールを決めています。単純に歯を揃えて並べるだけではなく、口を閉じた時に口元が整っているか、食事の時に噛み合わせがよく噛めているかなど時間を掛けてしっかりとみていくことが大事になってきます。その上で、患者さんの要望(例えば抜歯・非抜歯など)を組み入れて治療方針を決めていきます。

虫歯治療の様に、悪い部分のチェックをしてすぐに治療をするという仕組みとは違うということが分かってもらえたでしょうか。患者さんにはお時間を取っていただき、検査をしていますので私たち矯正医もしっかりと時間を掛けて診断・計画の立案をしています。もし皆さんの中に、「結婚式までに治療したい」「就職活動を始める前にきれいにしておきたい」など考えている方がおられましたら、早めに相談に来ていただけると、希望に添える確率が高くなります。まずは一度お気軽に相談下さい。


カウンセリング予約※全日のご予約が可能

資料請求

無料メール相

いつあき予約※土日診療ご予約専用

プラージュ矯正歯科クリニック


横浜駅相鉄口 徒歩6分

アクセス・MAP

無料駐車場案内

診療時間

このページのトップへ