抜歯スペースについて

投稿日:2017年03月13日

こんにちは。
横浜プラージュ矯正歯科の野久保です。

今日は抜歯スペースについて書いていこうと思います。基本的に非抜歯での治療を行っていますが、中には顎の骨が小さく、無理に並べてしまうと逆に後戻りにつながってしまうこともある為、抜歯のケースもあります。抜歯、非抜歯に関してはとても難しい問題で、矯正専門医の学会などでも「正解」がないのが現状です。ただ、患者さん一人ひとりの状態を正確に検査していくなかで、その患者さんにとっての将来的なベストを選択するというのが「正解」なのだと思います。

今回お伝えするのは、抜歯が必要になった場合のスペースに関してです。横浜プラージュ矯正歯科へはインビザライン(マウスピース矯正)などの見えない矯正を選択される患者さんが多くいらっしゃいます。また裏側矯正(舌側矯正、リンガル)を選択される患者さんも多々いらっしゃいます。そういった患者さんはもちろん矯正治療中の見た目を気にされているわけですが、抜歯が必要になった場合にはそのスペースをどうしているのか、という疑問にぶつかります。せっかく治療中目立たない矯正装置を選んでいるのに、抜歯したスペースが露わになってしまっては気になってしまいますよね。

もちろんこの見た目の問題は解決できます。抜歯スペースには仮歯、ダミーを付けてスペースが閉じられるまでカモフラージュすることが出来ます。この仮歯は矯正治療中の見た目の問題も解決できますが、それ以外でも発音の問題も解決できます。抜歯スペースをそのままにした場合だと、そこから空気が漏れてしまいます。そのため発音がおかしくなってしまうということが起きます。しかしこの仮歯を入れていた場合は通常の歯列に近い状態なので、発音問題はあまり起きません。

矯正治療を検討される際には、色々と気になることがあるかと思います。痛み、治療費、見た目、治療期間など色々あります。横浜プラージュ矯正歯科で様々な患者さん、ご家族の方の懸念されていることに一つ一つお答えし、安心して矯正治療に臨んでいただきたいと思っています。気になることがあればいつでも問合せ頂ければ幸いです。

カウンセリング予約※全日のご予約が可能

資料請求

無料メール相

いつあき予約※土日診療ご予約専用

プラージュ矯正歯科クリニック


横浜駅相鉄口 徒歩6分

アクセス・MAP

無料駐車場案内

診療時間

このページのトップへ