正中離開・隙っ歯(空隙歯列)

投稿日:2016年12月15日

こんにちは。横浜のプラージュ矯正歯科クリニックの野久保です。

今日は正中離開と隙っ歯についてお伝えしていこうと思います。

隙っ歯の方がなじみ深いかと思いますが、字の通り歯と歯の間に隙間がある不正咬合です。簡単に説明すると正中離開はそんな中でも、特に前歯の真ん中に隙間が出来ている状態です。日本人の場合は顎の小さい方が多く、逆に歯が並ぶスペースがないことから、叢生(デコボコ、八重歯、乱ぐい歯)になっている人の方が多いですが、正中離開がありながら他の部位で叢生がみられるということもあります。

dsc_0355

もう少し原因も含めて詳しく見ていってみましょう。

正中離開(せいちゅうりかい)について

正中離開は先に書いたように、一番前の歯の間に隙間が出来ている症状を指します。正中とはこの一番前の歯の間の部分を指し、正常咬合をチェックする際には上下の正中が揃って一直線になっているかも含めて診断していきます。

この正中離開には原因がいくつかあり、まずは上唇小帯の異常発達が挙げられます。上唇小帯は「じょうしんしょうたい」と読み、前歯の付け根から唇につながっていく部分の粘膜のことで、これが異常に発達することで、前歯の間に隙間を生み出してしまうことがあります。またケースとしては稀ですが、正中過剰埋伏歯によって正中離開になることもあります。過剰埋伏歯というのは本来ないはずの歯が歯茎の中に存在しているもので、前歯の歯茎の中に正中埋伏歯があることで、正常な歯を左右に押し広げ、正中離開になってしまうことがあります。正中埋伏歯自体痛みを感じるものではないので、レントゲンなどの検査で初めて見つけられることがほとんどです。

万が一正中埋伏歯が原因で正中離開になっている場合は、当然その原因となっている埋伏歯を抜歯することから治療が始まります。

空隙歯列の弊害について

次に空隙歯列、隙っ歯についてです。空隙歯列の原因としては、そもそも歯牙が小さい場合や、欠損歯がある場合、顎の成長の問題、歯周病など様々です。また乳歯列期に隙間があっても永久歯列期に勝手に閉じるというケースも多々あります。そのため、乳歯列期の隙間に関しては急いで治療しないで良い場合もあります。問題となるのは成人の空隙歯列です。放っておいても隙間が閉じることは考えられないため、発音の問題、見た目の問題、口腔内乾燥による歯の裏側の虫歯(齲蝕)、歯周病の悪化のリスクなどがあります。

食べ物が挟まり磨き残しにもつながりやすい空隙歯列、正中離開は、見た目の問題以上に口腔内の健康に多きく影響を与える可能性がある不正咬合の一つです。また埋伏歯のように原因が肉眼で確認できない場合もあり、しっかりとした検査を必要とします。隙っ歯に関しては治療のタイミングなどもしっかりと矯正専門医と相談していっていただければと思います。

カウンセリング予約※全日のご予約が可能

資料請求

無料メール相

いつあき予約※土日診療ご予約専用

プラージュ矯正歯科クリニック


横浜駅相鉄口 徒歩6分

アクセス・MAP

無料駐車場案内

診療時間

このページのトップへ