矯正治療中の夜食に注意

投稿日:2016年08月13日

今日はみなさんが少しドキッとするかもしれない内容です。今日お伝えするのは「矯正治療中の夜食に注意」というテーマです。

 yobou03

矯正治療中に虫歯になると多くの問題が出てきます。ブラケット(矯正装置)を一旦外して虫歯治療をする必要が出てきますので、治療期間が延び、更に新しい矯正装置を作る為に費用がかさむこともあります。またインビザラインの様なマウスピース矯正の場合、虫歯治療をすることでマウスピースが完全にフィットしなくなってしまうということも可能性としてあります。そのため、どこの矯正歯科医院でも虫歯対策としてブラッシング指導や定期的なクリーニングなどのプラークコントロールをしています。矯正治療を開始する段階で虫歯のリスクについて説明をするので、多くの方が普段より念入りに歯磨きをしているのではないでしょうか。

そんな中、ある歯ブラシメーカーが行ったアンケート調査がありましたのでご紹介したいと思います。

内容は中学生、高校生を対象にした「夜食」についてのものです。みなさんにも当てはまりますでしょうか?

Q)夜食やお菓子をよく食べますか?

A)YES:31%

詳細)中学1年生:27%、中学2年生:32%、中学3年生:31%

   高校1年生:26%、高校2年生:32%、高校3年生:38%

約3人に1人の方が夜食やお菓子をよく食べているそうです。高校3年生が一番率が高いのは受験勉強などを遅くまで頑張っているからでしょうか。気になるのは次の質問です。

Q)そのあと歯磨きをせずに寝ることがありますか?

A)YES:31%

 詳細)0時以前に寝る人:24%、0時以降に寝る人:39.8%

 いかがでしょうか。遅くまで起きている人ほど歯磨きをしないで寝てしまう率が上がり、なんと40%にも上ります。

 矯正治療中に虫歯になると問題が生じてしまうのは始めに書きましたが、実際そのリスクをご存知の方は多いと思います。夜食やお菓子だったら歯磨きはするけど、砂糖やミルク入りコーヒーを飲んだだけなどの場合、わざわざ歯磨きをしないという人はもっといるのではないでしょうか?就寝中は口腔内が乾燥しやすく、菌の増殖も通常時より早いことがわかっています。矯正治療を必要とする場合、歯列(叢生:デコボコ、乱ぐい歯、八重歯など)や咬合(上顎前突、下顎前突など)に問題があるわけですから、ただでさえ虫歯の可能性が高い状態と言えます。当然ブラケットを装着しているので更にその危険性は高まってしまいます。

少し話がそれますが、そういったリスクを考えて矯正治療を始めてから夜食やお菓子を止めてダイエットできたという方もいました。夜食を必ず辞めてくださいということではありませんが、もし食べたり飲んだりした場合はしっかりと歯磨きをする習慣を身に付けていただければと思います。しっかりとブラッシングすることで、治療期間を予定通りに、そして無駄な費用や労力なく綺麗な歯並びを手に入れてほしいと思います。

カウンセリング予約※全日のご予約が可能

資料請求

無料メール相

いつあき予約※土日診療ご予約専用

プラージュ矯正歯科クリニック


横浜駅相鉄口 徒歩6分

アクセス・MAP

無料駐車場案内

診療時間

このページのトップへ