予防の観点からの矯正治療 歯周病の仕組み

投稿日:2016年06月12日

今日は一見矯正歯科とは関係なさそうな、歯周病について書いてみようと思います。意外に周りでも歯周病、もしくは歯周病の手前まで来ている人もいらっしゃるかもしれません。実は35歳以上の8割が感染しているとも言われ、想像以上に身近にあったりします。

歯周病とは細菌感染によっておこる炎症性疾患のことです。歯と歯肉の境目に歯垢が蓄積すると、歯肉が赤く腫れてきます。この状態ではあまり痛みなどは無く「歯肉炎」と呼ばれる状態です。

 

状況が進むと、歯と歯肉の間の歯周ポケットと呼ばれる部分が広がってきます(歯医者さんで歯周ポケットの深さを測った方もいらっしゃると思います)。そうすると細菌によって歯と歯を支えている骨の土台部分が徐々に溶け、最終的に歯を支える骨がなくなって歯が抜けてしまいます。この状態まで来ると「歯周病」となります。実際、歯周病になっていても痛みがほとんどないため気づいていない人が多いようです。

image

それではどのように対処すれば良いかというと、やはり歯周病にならないために予防することが最も大切と考えられています。手遅れになると抜歯するしか手がなくなってしまうためです。日頃の歯磨きは当然として、定期的な歯の検診に歯科医院へ行くのはとても効果的です。歯垢つまりプラークが細菌の温床になっていることは明らかですので、プラークコントロールさえしっかりできていれば、歯周病のリスクはだいぶ減らすことが出来ます。

 

 

またプラークコントロールの出来具合は歯並びが関連してきます。歯ならびがデコボコ(叢生)では磨き残しの可能性が上がってしまいます。綺麗な歯並びであれば、日々のブラッシングもより簡単になります。

 

最近矯正治療を受けられる方の中には、こういった予防の観点から治療を決断されたという方が増えてきています。以前書いた8020運動の達成者の中に下顎前突(反対咬合、受け口)の患者がいなかったということもあるように、重度の不正咬合が齲蝕(虫歯)や歯周病につながることが知られ始めています。見た目に直結するため、見た目の改善という審美的なイメージが強い矯正歯科かもしれませんが、歯周病の予防にも繋がっている事をお伝えしました。

カウンセリング予約※全日のご予約が可能

資料請求

無料メール相

いつあき予約※土日診療ご予約専用

プラージュ矯正歯科クリニック


横浜駅相鉄口 徒歩6分

アクセス・MAP

無料駐車場案内

診療時間

このページのトップへ