歯並びを治すのに審美歯科と矯正歯科の違い

投稿日:2015年10月22日

今日は歯並びを治す際の審美歯科と歯列矯正治療の違いについてお伝えしたいと思います。

審美治療と矯正治療とどちらで治したほうが良いか、という問い合わせを受けることがあります。

審美歯科や美容外科などで行っている短期間での歯並び改善というのは、健康な歯を削ったり抜歯したりして、そこに人工の歯を入れたり歯を引っ込めたりすることで見た目の改善を得るという治療です。この場合のデメリットは健康な歯を削る、抜くということだけでなく、噛み合わせの改善が出来ていないということにあります。確かに正面からの見た目の改善が出来ているかもしれませんが、多くの症状、上顎前突(出っ歯)、下顎前突(反対咬合、しゃくれ)などは顎の噛み合わせ自体に問題を抱えている場合がほとんどで、それを改善しないと将来的に顎関節症などの弊害につながってしまうことも考えられます。

img2-1

それに対して歯列矯正治療というのは、現在ある健康な歯を本来ある位置に移動させていくことで歯並びを改善していきます。またそれと並行して顎の関節を含めた噛み合わせの改善も行います。健康な歯を残して、末永く自分の歯で生活していくということにつながります。

審美歯科のメリットは短期間での見た目の改善につながることです。どうしても短期間での治療を必要とする場合など、検討の理由はそれぞれですが、同じ歯並びを治す事でも歯列矯正とは根本的に違うということをご理解いただければと思います。

カウンセリング予約※全日のご予約が可能

資料請求

無料メール相

いつあき予約※土日診療ご予約専用

プラージュ矯正歯科クリニック


横浜駅相鉄口 徒歩6分

アクセス・MAP

無料駐車場案内

診療時間

このページのトップへ