成人の矯正

投稿日:2015年02月09日

プラージュ矯正歯科クリニックでは大人の患者さんと子供の患者さんが矯正治療を受けています。以前子供のうちに顎の成長を促しながら矯正治療をすることで抜歯の可能性を下げられるという小児矯正のメリットについて書きました。本来歯の生えるスペースがないことで抜歯する必要が出てきますが、スペースの作り易さで言うと子供のうちに矯正をした方が非抜歯の可能性を上げられるというお話です。

しかし成人では抜歯になるかというと、必ずしもそうとは言い切れません。当院で使用しているデイモンシステム(デーモンシステム)など、歯列を広げることで抜歯の可能性を下げられるケースもあります。

成人

また矯正装置などとは別に、成人矯正ならではの特徴もあると感じています。それは「患者さんの主体性」です。

歯科矯正治療は、保定装置期間を入れると年単位の時間がかかるものです。動的矯正治療期間(歯を実際動かして並べている段階)においては、きっちりとしたブラッシングが必要になりますし、上下の歯にゴムを掛けるなどの患者さんの協力が必要な場合も出てきます。保定期間(並べた歯が戻らないようにする期間)においては、保定装置などを使い後戻りを起こさないようにケアをしていく必要があります。

成人の矯正の場合は比較的主体的に矯正治療を開始するので、こういった矯正治療期間のメンテナンスをしっかりとされる傾向があるように思います。

どちらにしても、患者さんとのコミュニケーションはとても大切な成功要因になりますので、プラージュ矯正歯科クリニックでは院長、衛生士が一丸となって患者さんに安心して治療を受けて頂ける病院づくりを心掛けています。治療途中の不安や疑問点があれば気軽に質問して来て頂ければと思っています。

カウンセリング予約※全日のご予約が可能

資料請求

無料メール相

いつあき予約※土日診療ご予約専用

プラージュ矯正歯科クリニック


横浜駅相鉄口 徒歩6分

アクセス・MAP

無料駐車場案内

診療時間

このページのトップへ