矯正材料:アーチワイヤー

投稿日:2015年02月05日

矯正治療を受ける際に懸念されることの上位にある「痛み」ですが、矯正材料の面から見てもだいぶ解決されてきています。以前デーモンシステム(デイモンシステム)のようにワイヤーとブラケットを強く結ばないことで弱い力での矯正治療を実現出来るようになってきたというコラムを書きましたが、今回はブラケットと同じく重要な役割を持つワイヤー自体についてです。

19pic

そもそもマウスピース矯正は別として、矯正治療は歯にブラケットと呼ばれる矯正器具を接着し、歯並びの形をしたアーチワイヤーを通します。この歯の形をしたワイヤーは金属で出来ている為に、“元に戻ろう”とします。この戻る力を利用して歯をコントロールし、綺麗に並べていくという仕組みです。

一昔前まではこのアーチワイヤーがステンレススチールで出来ていました(今も最終段階でステンレスのワイヤーを使うこともあります)。また太さも技術的に限界があり、かなり強い力で歯を動かすことになり、結果として強い「痛み」を伴うのが矯正治療だというイメージにつながっていました。

近年新しい材質と、技術的な進歩によりとても細いワイヤーが開発されてきています。特に大きな革命となったのがナイタイと呼ばれるチタンとニオビウムの合金です。この合金は元々宇宙工学で生まれたもので、形状記憶はもちろんのこと、ゆっくりと弱い力で元に戻ろうとする性質があります。

これを矯正治療の為に何と0.3㎜近くまで細くすることが出来ました。プラージュ矯正クリニックでもこの0.3㎜のナイタイワイヤーから矯正治療が開始されます。

矯正専門医の技術力も当然必要ですが、このように矯正材料の面からも痛みを軽減する時代が来ています。

カウンセリング予約※全日のご予約が可能

資料請求

無料メール相

いつあき予約※土日診療ご予約専用

プラージュ矯正歯科クリニック


横浜駅相鉄口 徒歩6分

アクセス・MAP

無料駐車場案内

診療時間

このページのトップへ