受け口の治療は早めの治療が大切な訳

投稿日:2014年12月19日

受け口の治療は早い段階での治療が大切と言われています。それは一言で言うと成長すればするほど治療が難しくなってしまうからです。

ただ、受け口には実は「機能性受け口」と「骨格性受け口」という2種類あり、特に難しい「骨格性受け口」の場合は時間をかけて治療をしていくことが必要になります。

受け口の治療

比較的時間をかけずに済むのが「機能性受け口」と呼ばれるものです。機能性受け口と言うのは、前歯の傾き、位置が悪いことで起こります。食べ物を咬む際には上顎と下顎の前歯がいったんぶつかります。ぶつかってから更に咬む際に下顎が前に押し出されます。この機能性受け口の場合、下顎が大きすぎることで起きているわけではなく、前歯の傾き、位置を治していくことで治療することが出来ます。しかし放っておくとそのまま下顎が大きく成長してしまい、治療が難しくなってしまうケースもありますので注意が必要です。

「骨格性受け口」は下顎の骨が上顎と比べて大きくなっているものです。遺伝を含めて様々な要因が考えられますが、下の前歯が大きく前に出ており、咬み合わせも浅めであることが特徴です。骨格性受け口の場合は、出来る限り早い段階で上顎の成長を促しながら矯正治療をする必要があります。大人になって手術が必要なケースになってしまう場合もあります。

いずれにしても、矯正治療を終えた後は経過を観察していく必要があり、特に骨格性受け口の場合は成長が終了するまでの定期的な観察がとても大切です。

同じ受け口でも対処が違ったり、原因が違う場合がありますので、子供の歯並びなど気になることがある場合は早めに一度矯正専門医に相談に行くのが良いと思います。

カウンセリング予約※全日のご予約が可能

資料請求

無料メール相

いつあき予約※土日診療ご予約専用

プラージュ矯正歯科クリニック


横浜駅相鉄口 徒歩6分

アクセス・MAP

無料駐車場案内

診療時間

このページのトップへ