「抜歯矯正?非抜歯矯正?」

投稿日:2014年10月17日

歯を抜かずに矯正治療を希望される患者さんは多いと思います。

矯正学会でも抜歯矯正、非抜歯矯正に関しての論議が続いていて、100%どちらが正しいということを言うのは難しいようです。

 プラージュ矯正歯科では出来る限り患者さんの要望に応えられるように診断をしっかりした上で治療を開始することを心がけております。私自身の治療、あるいは自分の子供に対して治療をすることを考えると出来るだけ非抜歯で治療したいという気持ちがあるからです。

ではどういった場合は非抜歯で矯正出来るかと言うと、顎の大きさがしっかりしていて、上下の顎の大きさのバランスもよい場合です。当院で使用している矯正装置によっては歯列弓と呼ばれる歯の並ぶ土台を広げることでスペースを作り、抜歯しなくてもすむように進めることも可能な場合はあります。

 非抜歯

逆に日本人に多いケースで、極度に歯の凸凹があり、どれだけ歯列弓を広げようとしても歯を並べるスペースが確保できない場合は、抜いて矯正治療をするという可能性も出てきます。

 また、八重歯を気にされている患者さんから、「八重歯を抜くのですか?」と質問を受けます。検査して抜歯をしないとスペースが作れないとしても、八重歯(犬歯)を抜くケースは実は少ないのです。それは、八重歯は歯根と呼ばれる根が太く、丈夫な歯で、歯の役割的にも重用な歯だからです。犬歯より奥に生えている小臼歯、あるいは親知らずを抜いて、スペースを作り、そこに八重歯を収める場合の方が多いです。

 歯を抜く、抜かないということに関しては、患者さんの状態によって全く違ってきます。プラージュ矯正歯科クリニックでは、患者さんの要望に沿った治療方針を立てられるよう、診断だけでなくコミュニケーションを大切にしていきたいと考えています。何か不安なことがあればいつでも連絡下さい。

カウンセリング予約※全日のご予約が可能

資料請求

無料メール相

いつあき予約※土日診療ご予約専用

プラージュ矯正歯科クリニック


横浜駅相鉄口 徒歩6分

アクセス・MAP

無料駐車場案内

診療時間

このページのトップへ