子供の矯正に関して

投稿日:2014年10月06日

 

プラージュ矯正歯科では、子供の患者さんの矯正治療を多くやってきました。

これまでお子様を連れてこられた方からほぼ必ずといってよいほど質問されるのが、「何歳から矯正治療をするべきか」ということです。

子供の矯正について

これに関しては様々な考え方があり、100%正しいということはないものだと思いますが、永久歯に生え替わるころから矯正をしておいた方がよいというメリットもいくつかあります。

一つの大きなメリットは、抜歯の可能性を下げることが出来るということです。子供の成長は著しく、顎も当然著しく成長します。抜歯、非抜歯に関しては別のコラムで書きましたが、顎のサイズによって歯の並ぶスペースの限界が決まってしまいます。子供のうちから矯正治療を始めるということで、顎の成長を助けながらしっかりとスペースを確保して治療を進めることが出来ます。

近年、日本人の食事が西洋化し、顎を使うことがだいぶ減ってきました。それにより顎の成長が止まってしまい、しっかりとしたスペースを確保出来ない為に抜歯せざるを得ない患者さんが増えてきています。

そういった点で考えてみても、まだ成長段階のうちからの矯正治療を行うというのは十分価値があると思います。

何歳から矯正治療を始めるべきかという明確な答えはありませんが、患者さん一人一人のそれまでの顎の成長具合を診ることで、判断することは出来ます。また思春期のお子さん特有の「恥ずかしさ」を考慮して、透明のブラケット、舌側矯正(裏側矯正)やマウスピース矯正での治療も出来ますので、お子さんの歯並びで気になることがございましたら、プラージュ矯正歯科クリニックまでお問い合わせ頂ければと思います。

カウンセリング予約※全日のご予約が可能

資料請求

無料メール相

いつあき予約※土日診療ご予約専用

プラージュ矯正歯科クリニック


横浜駅相鉄口 徒歩6分

アクセス・MAP

無料駐車場案内

診療時間

このページのトップへ