「裏側(舌側)矯正は虫歯になりやすい?」

投稿日:2014年08月07日

今回も裏側の矯正治療でよくある質問にお答えします。

今回のテーマは裏側矯正は虫歯になりやすいか?という質問です。

結論からいうと、「そうとも限らない」というのが答えです。そして表側の矯正でも、裏側の矯正でも、マウスピース矯正であっても、しっかりとブラッシングをした方がよいということをメッセージしておきたいと思います。 それは一度虫歯になってしまうと、矯正治療が止まってしまう可能性があるからです。

では実際表側の矯正と裏側の矯正で違いはあるのかについて少し説明します。

表側矯正のメリットはしっかりと見て歯磨きが出来るという点です。 逆に裏側の方が、直接見ることが出来ないため、歯磨きが難しく思われる患者さんも多くいます。

しかし、裏側矯正の場合、矯正装置とその周囲は空気に触れることが少ないため、常に唾液の「自浄効果」というのが作用します。その為、表側矯正と比べて虫歯になりにくいといわれています。

裏側(舌側)矯正は虫歯に

そうは言っても虫歯にならないよう、プラージュ矯正歯科クリニックではブラッシングの指導や、歯のクリーニング、フッ素の塗布などを行い、治療期間中も快適で、早い矯正終了につながるよう二人三脚で治療を進めていきます。

裏側矯正は表側矯正と比べて分からないことや心配なこともあるかと思います。いつでも気になることがあれば直接プラージュ矯正歯科クリニックへ問い合わせ頂ければと思います。

 

カウンセリング予約※全日のご予約が可能

資料請求

無料メール相

いつあき予約※土日診療ご予約専用

プラージュ矯正歯科クリニック


横浜駅相鉄口 徒歩6分

アクセス・MAP

無料駐車場案内

診療時間

このページのトップへ